タイムレコーダーアプリで勤怠管理をもっと手軽に!

タイムカードアプリの多彩な機能

つい押し忘れて、正確な打刻が出来ない日も発生してしまうのがネックだった紙タイプのタイムカード。アナログな手段で記録される勤怠管理では、経営者など締め作業を行う担当者も大変ですよね。

タイムレコーダーアプリなら、出勤時刻、退勤時刻の入力はもちろん、アプリの種類によっては多彩なサービス内容が併用可能となっています。例えば認証方法ひとつとっても、掌の静脈、指先の静脈などでの生体認証や、手持ちのICカードでの認証など、利便性の高さを誇る方法が選べます。また、さまざまな経費や交通費といった定義付けによって、経費承認あるいは却下などの処理も煩雑な手順も無く行うことが出来るタイプのタイムレコーダーアプリもあります。

GPS位置情報を活用できるタイムレコーダーアプリも

タイムレコーダーアプリを使用するメリットとして、携帯電話・スマートフォンを用いて出退勤情報を打刻処理するため、GPS位置情報によって、どこで打刻されたのかという情報も含めて管理できるという点もあります。この機能では、自宅や通勤途中などの勤務場所以外の不正な位置での打刻を、予めOKしない設定を行うことも出来ます。GPS位置情報の活用法次第では、現場への直行や、現場業務終了後の直帰などの際、勤務先への連絡のフォロー機能などを有する場合もあります。

取得した各種勤怠管理データは、PDFファイルなど印刷しやすい形式に変換出来る他、CSVファイルとして集計しやすい形式で蓄積することも可能なタイムカードアプリもあり、いずれも勤怠管理での締め作業の効率化を図ることが可能となります。

勤怠管理に関する心配事を抱えているなら、タイムカードアプリを活用しましょう。さまざまな会社が販売していますので、機能性の高いアプリを選択することがポイントです。