確定申告に取り組む為の基礎知識と青色申告のメリット

申請書の提出と青色申告の特別控除について

確定申告において青色申告を選択するケースでは、住所地の管轄の税務署へと青色申告承認申請書を出さなくてはいけません。原則的に、当て嵌まる年度の3月15日に至るまでに出します。白色申告よりチェンジする場合も、忘れることがないように気を付ける必要があります。しかし、1月16日後に事業をスタートさせた場合、開始の日より2ヶ月内が提出の期限となってしまうので、心掛ける必要があります。さらに、白色申告にはないですが、青色申告においては特別控除がありまして、帳簿の付け方によりまして控除額に違いが生じることがあります。簡易簿記につきましては控除額そのものが10万円となりまして、申告書と共に出す必要な関係書類も損益決算書だけです。事業をスタートさせて年数そのものが浅く、帳簿付けの経験が無く自力での経理の事務がとても難しい場合は、こちらを選択するといいでしょう。帳簿付けが苦にならなくなると、複式簿記を採用することが奨励できます。控除額が65万円になってくるのはアドバンテージですし、事業の金銭の流れが理解しやすくなります。

青色申告は様々なメリットがあります

青色申告に関しては、色々なアドバンテージがあります。前の年以前の赤字を、次の年以降の3年間、所得より控除することができますので、次の年度に利益が生じたときも税額が減ることもありますし、次の年度も赤字につきましては、税金そのものが還付されることもあり得ます。また、売掛金の残高が存在しているケースでは、一定の金額を貸倒引当金といった勘定科目を活用して経費へと算入可能ですし、税務署へ届け出を行なうことを通して、働いているファミリーの給料分を、青色専従者給与という形で経費へと計上できます。

青色申告とは、簿記による帳簿を作成し、その帳簿を基に所得税や法人税を申告する制度の事を言います。所得税の特別控除を受けられたり、損失の繰越が認められるなど、様々な特典があります。