ヘアカットで斜め前髪すると、女性らしくなれる!?

今どきの清楚な前髪とは?

女性らしい清楚な雰囲気を出したければ、ヘアカットの際に前髪をちょっと長めにしてもらって、毛先を目の上ギリギリのラインで流すことです。前髪を長めにすることでツヤ感が強調されます。さらに、前髪のすきまからおでこが見えるスタイリングにすることで、スッキリ感が生まれ、明るい表情を演出してくれるのです。

セルフ前髪カットテクニック

サロンでせっかく可愛く前髪をヘアカットしても、すぐに伸びてしまってお困りの方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、自分でできるヘアカットのテクニックを紹介します。自分で前髪をカットする際は、ヘアカット用のはさみとすきばさみをダブルで使うことがマストです。濡らしてカットすることを基本とし、乾いたらやや短くなることを想定して、「まだちょっと長いかな」くらいで止めておくことが大切です。また、前髪を2段に分けてブロッキングすると、切り過ぎを防げて自然に仕上がります。こめかみに落ちる毛束以外のサイドの毛は耳にかけておきましょう。そして、ヘアカット用のはさみを縦に持ち、両端を長めに残して弧を描くように前髪の中央部分からカットしていきます。弧を描かずにまっすぐカットするのはNGです。分け目部分の流した毛が短くなり、バランス悪く見えてしまいます。最後に中央から黒目の間の両毛束と両サイドの4つに分けて、各ブロックごとにすきばさみで2mmくらいカットしましょう。表面の長い毛があるので、短くなり過ぎる心配はありません。ヘアカットのセルフテクニックをマスターして、清楚な前髪をキープしましょう。

ヘアカットの1000円の一部のチェーンでは、混雑状況がスマートフォン・パソコンで把握出来るようになっていますので、昼前後や夕方の混雑時を避ければ店内で待たずにカットに臨む事が出来ます。