電気製品の製作はまさにアイデアが勝負になる

人類の知恵には脱帽する

私たちが普段普通に使っている電気製品について考えると、まさに人類の進化を伺うことができます。100年前洗濯機はありませんでした。その後洗濯機というものができてから、二層式から一層式となり今やスイッチを押せば乾燥まで行なってくれる製品が出来上がっています。電気製品は人類の進化とともに歩んできたと言えるでしょう。電気製品が進化する原点には人間の発想の豊かさがあります。知恵によってできたものに更なる知恵を加えたものこそが最先端の製品です。電気製品を見れば見るほど、人類の知恵には脱帽してしまいます。

アイディアがひらめいた時がチャンス

素晴らしいアイデアが閃いた時、それをそのままにしてしまうのはもったいないことです。例えば、扇風機の背面にフィルターを装着することができれば、空気を浄化することも可能です。電気製品の改良だけなら難しい電気理論など要りません。アイディア商品が豊富な現代ですから、それらのアイテムを電気製品に融合させてみるというのも有りです。アイデア商品から良いものを取り入れて、電気製品の自作に取り組んでいる人もいます。

電気製品を自作して一攫千金…

気まぐれに部屋のレイアウトを変えたくなる事ってありませんか。電気製品の自作に一番必要なのは、ちょっと変えてみたい…そんなレベルの感情だと思います。電気製品の自作や分解も、急に思いついてやりたくなるものです。小さなモーターと電池だけでも 動力を作り出すことができます。電動歯ブラシなどは非常に簡単な仕組みですが、これを応用すればネイル磨き機や角や細部を掃除する便利ブラシなども作れます。簡単で便利な物が売れる時代ですから、アイデアひとつで億万長者になれる可能性だってありますよ。

プリント基板実装とは、電子部品がハンダ付けされていない配線だけの基板にハンダ付けして、電子回路として動作できるようにすることです。